ファクタリングは中小企業にメリットがある

subpage01

ファクタリングとは、売掛債権を入金する前にファクタリング会社に譲渡することで、通常よりも早く資金化するという資金調達方法です。


日本のビジネス取引は信用取引です。


まず契約し、商品やサービスの納品を行ったら、請求書の発行を行って請求金額を入金するという流れになります。

このように先に商品やサービスを納品した後に料金を支払ってもらうことになっているのですが、このタイムラグを無くすことが出来るのが「ファクタリング」です。
この方法を利用することで、支払いでのタイムラグを無くすことが出来るということで、最近では多くの企業が取り入れているということです。


この方法を利用することで本来ならば1ヶ月から2ヶ月は先にならないと入金されない料金が、すぐにファクタリング会社によって入金されるので、資金調達にも遅れがなくなるというメリットがあります。無料でこの方法が出来るわけではなく、もちろん手数料分は引かれてしまうというデメリットがあることを考えても、とても良い方法だといえます。

ファクタリングの比較関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

また、この方法を中小企業は利用するメリットは他にもあるということです。



それは、審査に通りやすいというものです。

銀行のローンやビジネスローンなどでは、審査が厳しくなかなか通らない場合もあるといいます。



しかしファクタリング会社は比較的審査が通りやすく、中小企業も利用しやすいという点があるのです。


それを考えると、この方法を利用すれば商品やサービスは利用出来るのに、支払いは急がなくても良いので資金調達が難しいところにはメリットがたくさんあることがわかります。