ファクタリングについて知る

subpage01

企業間取引においては、商品の販売やサービスの提供が終了しているにもかかわらず、その代金の支払いが終了していないことも珍しくはありません。

おすすめのファクタリングの情報が必要な方必見です。

たとえばクレジットカードの利用がこれに該当しますし、介護保険や健康保険が関係している介護サービス事業所、病院や診療所などもこうした取引が発生する業種です。


このような取引に関しては、その代金の支払いを請求する権利が発生し、これは売掛債権と呼ばれています。


この売掛債権は、時に資金調達の材料として利用されることもあります。


そして売掛債権を利用した資金調達法のひとつとして挙げられるのが、ファクタリングです。



その内容を詳しく見ていくと、ファクタリングは、それを扱う業者が売掛債権を買い取り、その代金を支払うと言う仕組みです。
ただし買い取った金額の中にはファクタリング手数料が含まれることもあるので、本来の売掛債権によって回収できる金額よりは、少なくなるのが一般的です。
ファクタリングには、その利用を申し込んだ事業所と売掛先、つまり代金の支払いを済ませていない事業所が関係していますが、売掛金をどこが支払うのかと言うのは2社間と3社間によって変わってきます。

ファクタリングの最大のメリットは、融資とは異なるので返済の必要がない、金利も発生しないと言う点です。将来的な利益を先取りすると考えるとわかりやすいので、融資とは異なり負債扱いにもなりません。

そして審査を必要としないので利用しやすく、取引完了までが非常にスピーディーである点も特徴として挙げられます。