ファクタリングは会社経営をスムーズにします

subpage01

売掛債権を現金化することができるファクタリングを利用するには、手数料が必要となります。

魅力的なファクタリングが最近こちらで話題になりました。

この金融サービスは2社間と3社間の2つのタイプがありますが、2社間では買取売掛金額の10%〜30%、3社間なら1%〜5%が手数料の相場と言われています。
この手数料をもったいないと思うことは会社経営上もっともなことですが、キャッシュフローが停滞しており、倒産のリスクが生じた場合は利用しない手はありません。ファクタリングを利用するメリットは、キャッシュフローが改善される可能性が高いことです。


近年では、中小企業を中心に黒字なのに倒産してしまうケースが増えています。この原因のほとんどは、キャッシュフローが停滞していることです。そして、キャッシュフローがストップしている原因の多くが売掛債権にあります。
ファクタリングを利用すれば、その原因を根本から取り除くことができます。


したがって、会社の経営状態が劇的に改善される場合もしばしばあります。

さらに、ファクタリングを利用すれば売掛債権が持つ未回収リスクを軽減することができます。


売掛債権は非常に魅力的なシステムですが、相手企業の経営状態が良好であることを前提に行われる取引です。



しかしながら、日本は長年の景気低迷に悩まされており、特に中小企業ではその影響をもろに受けます。

近年では後継者不足で倒産する企業も増加傾向にあります。



こうした中、未回収リスクを軽減することができるのはたいへん魅力的です。このように、ファクタリングは会社経営をスムーズにするメリットがあります。