ファクタリングで注意すべきポイント

subpage01

ファクタリングは売掛金を売却することで資金を調達することができるサービスです。

しかし、問題点があるのも事実です。例えば、一般的な金融会社は金融庁の監督下にありますが、ファクタリング業者には監督官庁がありません。

即日のファクタリングの相談ならココです。

利息制限法も適用されませんから、事前の調査を怠ってしまうと悪徳業者を選んでしまうおそれもあります。

悪徳業者を選択しないようにするためには、インターネットを活用してしっかりと事前に信頼できそうなところをピックアップすることが考えられます。

比較サイトなどを用いて各業者を確認し、候補となるところのホームページにアクセスしましょう。


そこで、会社の規模がしっかりしていることやや過去の実績があることを確認してください、また、利用者の声や口コミを確認することで、喜ばれるサービスを提供しているかどうかもチェックしておきたいところです。
そして、手数料については利息制限法が定める範囲内にあるかどうか(上限が15%から20%)もポイントとなります。



特に、手数料が高めに設定されている2社間ファクタリングを利用する場合は、手数料の確認は不可欠です。
掲載されていない場合は、電話で問い合わせることも心がけましょう。

また、手数料が安めに設定されている3社間ファクタリングを利用する場合では、次のような注意点があります。


まずは、売掛先の同意が必要となることです。



この同意を得るのは容易ではありません。場合によっては、取引先としての信用を失ってしまったり、経営状況が悪化しているのではないかと懸念を持たれてしまうおそれもあります。
そのため、スピーディーな資金調達ができない場合もありますし、風評被害による経営悪化の可能性も考えられます。
3社間ファクタリングを行う場合には、こうしたトラブルが発生しない売掛先を選ぶことも大切です。